東京工業大学プログラミングコンテスト2015

F - レシート


Time limit時間制限 : 2sec / Memory limitメモリ制限 : 256MB

問題文

太郎君はA円の買い物をした。 太郎君はX \geq Aを満たす任意のX円を支払うことができる。 買い物の金額A、支払額X、お釣り(X-A)3つの整数について10進数表記にしたとき、3つの数字が揃う桁の数を最大にしたい。

例えば、A=1980,X=2970の時、百の位の9と一の位の02箇所が揃う。

  A = 1980
  X = 2970
X-A =  990

また、A=1080,X=1080の時、一の位のみが揃う。十の位から千の位については、X-Aがその桁に数字がないため揃っていないものとする。

  A = 1080
  X = 1080
X-A =    0

Aが与えられるので、太郎君が揃えられる桁の数の最大値を求めよ。


入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる。

A
  • 1 行目に整数A(1 \leq A \leq 10^{100})が与えられる。

出力

太郎君が揃えられる桁の数の最大値を1行で出力せよ。出力の末尾に改行を入れること。


入力例1

1980

出力例1

2

問題文の最初のケースである。


入力例2

1080

出力例2

2

例えばX=2080とすると百の位と一の位の2つの桁が揃い、これが最大。 問題文の2つめのケースのようにX=1080とすると一の位しか揃わないことに注意。


入力例3

1234

出力例3

0

太郎君がどのような支払いをしても、いずれの桁も揃えることができない。


Submit提出する